パンへの想い

誰かの同じじゃなく自分が作りたいもの食べたいものを形にしたかった。
食べ物は全て体や健康に繋がっていくから美味しいだけじゃなくて体に負担の少ない物を食べたい。

そんなパン屋があってもいいなという気持ちからCarmは生まれました。

Carmの由来はいろいろあります。
うちの旦那さんが名前を考えてくれました 意味は内緒です♪

わたしはパン屋での働いた経験はそんなに多くありません。
経歴や肩書きはなくても好きなことを仕事にして夢で始まった私のお店。

もともと食べることが大好きでジャンル問わずいろんなお店へ行っては食べ歩きしていました。
その中で最も好きだったのはパンで

ふんわりとやわらかなパンよりも硬めでゴツゴツとしたハード系のものや
みっちりと目の詰まっていて噛み締めて食べるパンやベーグルがすきでした。

そこである時、米粉のパンに出会い
米を主原料にしたもっちりとした歯ごたえのパンの魅了されていきました。

お米は日本人が一番のよく口にするもの

それを主原料にした米粉はいろんな料理に合ってバリエーションの幅が広がります。
だから新しいメニューを考えるのがとっても楽しいのです。

当店のパンはバターや卵、保存料などを一切使用しない為 時間とともに硬くなってしまう特徴があります。
そのままでも品質に問題はありませんがレンジやオーブンなどで軽く温めていただくとより一層美味しく召し上がれます。

砂糖も控えめにしているので日持ちも短めです。
パンはやっぱり焼いて翌日まで食べきる量が一番いいかなーと私は思います。

たくさんの材料を組み合わせればやわらかなパンになるかもしれません。
でもなるべく素材の持ち味が生かせるようなパンにこだわりました。

私のパンをひとりでも気に入って食べていただけることを願ってこれからも作り続けていきたいです。
よろしくおねがいします。